fc2ブログ

移植から10年

骨髄移植をした2011年1月某日から10年が経ちました。

13歳中学2年生だった娘は、23歳の大人女子になりました。


まずはドナーさん

今こうして娘が元気に過ごしていられるのは、

ドナーさんとドナーさんのご家族の勇気ある善意のおかげです。

心より感謝いたします。


お元気でいらしゃいますでしょうか。

移植から1年の間の2回しかお便りが書けず

ほんとにもどかしいです。

コロナ禍を無事にお過ごしになることをお祈りしております。





娘は・・・

関東圏で元気に頑張っています。

毎日出勤できるのか???

と心配(母が勝手に心配)だった仕事も変わらず続けていて

楽しい将来に向けて毎日着々と頑張っているようです。

意味深(笑)


病院も地元治療病院から関東の拠点病院に移しました。

フォローアップの年齢を越えているので? (20歳まで?)

毎年の受診は必要ないとかで数年に1回でOKとのこと。

これがまた、ほんとに?ほんとにそう言われたの?

で、謎ではありますが、

もう23歳。あと2ヶ月ほどで24歳。

ものすご~~~く心配ですが(笑) 本人に任せています。




今は夫と二人、老夫婦家族(笑)でまったりと

コロナが落ち着き娘が帰省できる日を

首を長~~~くして待つ日々です。



親として今後の心配は尽きませんが、

ここまで頑張ってきた娘に

これからの娘に

エールを送りたいと思います。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

移植から9年半 婦人科の記録

ホルモン剤を処方してもらっている婦人科での

血液検査の数値を記録しておきます。



移植から9年半

プロラクチン ・・・ 3.3 (基準値3.5~32.7)
   乳汁刺激ホルモン

LH  ・・・・・  9.1 (基準値は黄体期等、期によって変動)
   黄体形成ホルモン

FSH ・・・・・・ 13.0 (基準値は黄体期等、期によって変動)
   卵胞刺激ホルモン

E2  ・・・・・ 39.1 (基準値は黄体期等、期によって変動)
  エストラジオールはエストロゲンの一種
  閉経後は、32.2以下



Lマーク(基準値より低い)はプロラクチンにだけ付いていましたが、
娘曰く
ドクターから
まだ低いね・・・と言われたそう。

どれがどう低いのか???
そこを知りたいのは母のみでしょうか・・・



ちなみに下記は
Day200と移植から5年10ヶ月の検査結果
   ※ ただし、5年目はホルモン剤を3か月止めた後の検査
     今回は薬を飲みながらの検査のため
     単純比較はできないと思われます。


Day200当時の数値
  LH  ・・・・・・ 31.31
  FSH ・・・・・ 60.28
  E2   ・・・  <10   (10以下ってこと)

Day200 ←詳細はここから


移植から5年10ヶ月

  プロラクチン ・・・ 6.58 (基準値4.91 ~29.32) 当時の基準値?
  LH   ・・・・・  23.91
  FSH  ・・・・・  39.24 ←正常より高い
  E2   ・・・・・   17 ←19歳にしてはやや低め

移植から5年10ヶ月 ←詳細はここから


薬を飲みながらの検査なので

改善されていて当然といえば当然なんでしょうが、

それでも数値がいい感じで基準値に近づいているのは

嬉しい限りです。




コロナの終息を切に祈ります。

頑張れ!娘!


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

移植から9年1ヶ月 ホルモン剤元に戻る

昨年秋に変更になったホルモン剤

     ヤーズ だったかな?

あっという間に元の薬に戻りました。

     プレマリンとデュファストン



そのいきさつはというと・・・・


飲み始めて2ヶ月位経った頃? ←娘報告のため詳細は不明

この薬のせいなのか単なる体調不良だったのか、

通勤電車の中でクラっときて立っていられなくなって

胸も苦しくなったとかで、今まで感じたことのない状態だったそう。

娘はその時点で薬のことは頭になかったようですが、

私的には、薬なんじゃない??薬変更したからじゃない??

とふと思い・・・

    薬についてあれこれググってたので
    なんとなくそう思った・・・

とりあえず病院に報告した方がいいと助言しました。


その後の受診時、薬変更。 

元のカウフマン療法を続けることになったそうです。



この変更、娘から聞いたのは年が明けてから(笑)

聞かないと言ってくれません(笑)


でもなんとなく、なんの根拠もなくなんとなくですが

ホッとしたのが正直な感想です。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

移植から9年が経ちました

2020年1月某日

移植から 満 9 年 を迎えました。


ドナーさんお元気でいらっしゃいますか。

あらためて

ありがとうございます。



娘は元気に関東で独り暮らしを続けています。

仕事も春から3年目に突入。

大変そうですが楽しく頑張っています。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

移植から8年10ヶ月 薬変更の記録

ほぼ1週間寝込んだ2019年お正月を思い出したのかな。

今期はインフルエンザの予防接種を打ったそうです。

良かった、良かった。

この冬は罹りませんように・・・




以下、婦人科の薬変更の記録です。


これまではプレマリンとデュファストンという2種類の薬を飲んでいました。
 
   カウフマン療法
   20日間の卵胞ホルモン (プレマリン)
   11日目からは黄体ホルモンを追加 (デュファストン)
   休薬すると生理が始まる。



それを毎月繰り返していましたが

飲み忘れも増えているようで

秋からはヤーズという薬に変わりました。


検索すると

月経困難症の薬

だそう。


月経困難・・・

そうなのかな・・・・

まあそうなのかな・・・

いまいちピントきませんが

婦人科の先生の判断なので、その判断を信じて。


いろいろ気になりますが、娘に任せていますので。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
小児がん経験者の娘(23歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発・プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発・プロトコールAML05
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR