退院

2008年2月18日



待ちに待った退院の日。


この日の血液検査の結果
   白血球       1,270
   ヘモグロビン     9.7
   血小板         7.2
   CRP(炎症反応)   0.09



午前中に主治医の先生から、今後のことについて説明があった。

娘も途中まで同席。


   さて、ここで、問題です!

   娘から先生への最初の質問は何だったでしょうか???

   ・・・・・・

   ・・・・・・

   答え・・・

    「お寿司はいつから食べられますか?」 でした。

   えっ!? そこ!? ですが、

   娘が一番初めにしたかったことなのでしょう。

   実にストレートで分かりやすいです。

   大丈夫!!

   あなたの最初の願望は数時間後にかないます!!!


ある意味、こういう目先の願望を一つ一つかなえていくことが、

大きな前進になるんだろうなぁ~、深いなぁ~、と感心。(親バカです)


この後、

 「お友達とはいつ頃から遊べるの?」→「何人までと遊んでいいの?」

  →「外で遊んでもいいの?」→「何時間まで?」・・・・・・と、

本人作の イエス・ノー チャート式 の質問がしばらく続き、

先生もその一つ一つに、娘にも分かるように丁寧に答えてくださって、

本人が納得したところで終了。


先生はそのチャートを見て驚いていらした。 (私も驚きました)

前日の夜に一人で作成したらしく、

夜勤の看護師さんが、頑張りすぎて夜中に眠れなくなった娘の

話相手をしてくれたそうだ。 (しかも面談室で・・・)

眠れなくなったって・・・・・・どんだけ頑張ったの!?



ここからは、大人の話。

   治療終了後の骨髄検査(マルク)は退院後、外来で行う。

   その後のマルクは、とりあえず半年に1回。

   1年間は、 1ヶ月に1回の外来 で経過観察。
   
   まずは、1年を目指しましょう!

   バクタは半年くらいまで週に3日服用。 (10ヶ月飲みました)  

   1年経ったら心臓の検査。 (毎年1回)

   1年後からは、様子を見ながら順次外来の回数を減らしていく。
  

   特別にしてはいけないことはなく、しなくてはいけないこともなく、   

   バランスのとれた食生活 と

   規則正しい普通の生活 を送ればいい。

   等々。



外はまだ冬。インフルエンザ流行中。

もちろん予防接種はまだ打てない。

嬉しさと不安が入り混じった複雑な気持ちで、

7ヶ月、全5回の化学療法を終えて、

無事 退院 しました。








2010年3月18日(現在)


退院から2年と1ヶ月が経ちました。

中学1年生が終わろうとしています。

もうすぐ春休み・・・

塾の春季講習に行こうかどうしようか、只今考え中です。

3学期末のテストが散々な結果だったので、

親子で少々焦っております。 (-_-;)

季節の変わり目で、体調がいまいちな事を考えると、

部活と塾と・・・・・両立は難しいかなぁ??

無理して自爆!!となると、ちょっとねぇ・・・

・・・・・・・・・

ん~悩みだすと止まらないです。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR