スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植からもうすぐ3年11ヶ月

久々の婦人科受診です。

今回から新しい女医さん。

とても若い。笑


いつものように問診と腹部エコーと薬の処方で終了。

多分一生、エンドレスのホルモン剤

プレマリンは変わらずだけど、

今回もう一種類のデュファストンがヒスロンに変更になりました。

成分は変わらないそうで、なぜ変えるのかはあえて聞かなかったんだけど、

聞けばよかったな~

と自宅に帰り着いてから後悔。


次回は半年後。




なかなか体調万全とならずインフルエンザ予防接種が出来ずにいます。

元気なんだけど。

 「さぁ、今だ!」 となるほど元気にならなくて。

こうなったら今年はR1ヨーグルトのみで乗り切るか!? と

ちょっと思い始めています。

夫と私は11月に接種していて外から家庭に持ち込むことはないはずだし、

本人も 「今年はもういいや。多分罹らない」 って言ってます。

その自信はどこから来るのか分かりませんが(・・?


さてどうしようか。

タイミングを逃してしまって

ぐずぐず考え中。


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。