スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨髄抑制期 ①

2007年8月14日~20日




骨髄抑制期に入る。この間2~3週間とのこと。

ここを乗り越えると寛解導入一回目終了だ。

まぁ、そう簡単には終わりませんが・・・。



14日に熱が出始める。38度台。おなかを痛がる。

血小板を輸血しながら、ドレミちゃんのビデオをちょっと

つらそうな顔だが観る。幼稚園の頃によく見ていたビデオを

自宅から持ってきてもらったのだが、結構ヒット。懐かしんで観ている。



だんだんおなかの痛みが増し、なぜか背中をさすっていると安心するらしく、

ずっとずっと手のひらでさすり続ける。

疲れてやめると目が覚めて 「やめないで」 と言う。

ベッド脇からの体勢が辛くて手の甲でさすっても ダメ出し。

手のひらで同方向に  でないとダメらしい・・・

夫が休日のため、昼間はこの ”背中さすり” を代わってくれた。

その間私はベッドサイドで簡易ベッドを出して仮眠できた。



この1週間、白血球の数は200~500台を行ったり来たり。

赤血球と血小板は下がると輸血を繰り返す。

CRPは0.13→1.42とじわじわと上がり始め、

膵臓の異常をあらわすP-AMYとエラスターゼの値が上がり、

   「膵炎かな? 薬を投与して様子を見ます。」

低い値のNaも補充していた。

とにかく低いものは補充し、抗生剤で炎症を抑える・・・という感じ。

点滴の数が多くて、いくつもの機械が点滴棒 (なんていう名称ですか?)

に くっついていた。

おなかの痛みに関しては、超音波検査の結果から

腸炎で腸がむくんでいることが判明。



15日の夜にはベッドと簡易トイレを何度となく行き来。

    娘は枕をおなかに抱えたままトイレに座り込み、

    私がその前に椅子を持ってきて向かい合って座り

    膝にまくらを置いて、娘がそこにうつぶせてうずくまる。

    長い時は1時間位。

    その姿勢で背中をさする。

    おなかが落ち着いたらベッドに戻る。

それを何度も繰り返すうちに夜が明けた。



結局、痛み止めに モルヒネ を使う。

昔のイメージがあってびっくりするが、今はひどい口内炎でも使うそう。

微量を24時間点滴。痛みがひどい時にフラッシュしてもらう。

   (一時的に1時間分?をいっぺんに入れてもらうことです)



このおかげで、親子とも少し寝れるようになった。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。