顧問の先生に娘のこと

どこから話そうかな・・・ 長いです。

うまくまとめられるかちょっと自信ないんですが・・・


今日は、広報、2度目の女子バレー部写真撮りでした。

というのも・・・

女バレの写真、暗幕を引いた体育館でのフラッシュ撮影&ユニフォームが

上下とも黒だったため、出来上がりが他の部の写真と比べて暗い、と

印刷会社よりダメ出しされてしまいました。

流れ上、 娘が女バレだから撮ってきますよ! と手を挙げて、

本日(日曜日)の撮影となりました。


昼練の一番で撮影し、

何の問題もなく、和気あいあいといつものように順調に終了。



その後、せっかくだからちょっと練習見て帰ろう♪と思い立ち、

娘からの 早く帰ってよ~目線 を無視して15分くらい見学しました。

  なかなか上手にパス練習していた我が子でした。(親バカ)


さっ、そろそろ帰ろうかな~と思っていたところへ、顧問の先生登場。

ちょうど良かった!

おかげさまで写真とれました! とあいさつが出来ました。

先生も、うちが一番最後だったんでしょうと恐縮され、

いえいえ・・・と、ことの次第を話す。


それからちょこちょこっと世間話をしたところで、

先生、娘のひじのサポーターの話を振ってこられました。

  左ひじに治療時に受けた手術痕があり
  いつもサポーターをしています。


これから、体育で水泳が始まります。

授業でも水泳用のサポーターの着用を許可してもらわなくてはいけません。

去年は、娘に頼まれて生徒手帳に書きました。

今年も書くのかなと思っていたところ、目の前に先生。

体育館に二人だけ。

こんなシチュエーションなかなかないぞ!と思った瞬間・・・

私の中のスイッチが入ってしまいました。

話すなら今だ! と。



娘の病歴の話。

傷の話をするのに、ここを話すとすんなりと説明が出来ます。

顧問の先生は、昨秋より新しい先生(女性)に代わっていて、

娘の事、話す? 話さない?

秋からぼんやりと考えてはいましたが、基本どこも悪くなく、

特に留意してもらうこともない現在、あえて話すことはない・・・

と、話さないままでした。


思い切って話してみると・・・

先生は、前顧問からの引き継ぎで、大まかなことはご存知のようでした。

今はもう大丈夫なんですよね~ の先生の言葉に、

気がつけば、私、 

  特に何の心配もいりません! 留意の必要もありません!

  普通の生活、普通の中学生と同じです!

と、力説していました。

なら、話すなよ~ ですよね。

しかも、話すぞ!と心を決めて話し始めたわけではないので、

とても支離滅裂。

今思い出すと、私のしどろもどろに少し引いていらしたような気もします。



それでも、帰り道、心につっかえていたものが取れたようなスッキリ感。

というか、つっかえていたんだ、私・・・。

自分の心の中なのに、自分で把握しきれていないのもどうよ?ですが、

話すチャンスに恵まれて、しっかり(?)話すことが出来ました。


もしかしたら、先生も現状を確認しておきたいと思われたのかもしれません。

そうだとしたら、先生の???も解決して頂けたはず。


なんとも、有意義な(と思おう!)、日曜日の午後でした。


テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR