骨髄抑制期 ③

2007年8月26日~28日



25日頃から熱が37度台に下がりだし、

CRP(炎症反応)も落ち着いてきていた。

26日には CRP 3.89 まで下がった。

ただ、白血球は 150 と今回の底値。

相変わらず、赤血球と血小板は輸血が続く。



まだまだ油断はできないなと思っていたら、今度は 全身に湿疹

顔はむくんで赤黒くなってくる。

抗生剤を変更する。

輸血の後、利尿剤を投与して体のむくみをとることを目指すも、改善はなし。

水分の摂取を極力減らす。

一日中寝ている娘は、目が覚めると手鏡で自分の顔を確認しては、

赤黒くむくんだ顔が治るのか不安な様子。

このころには髪の毛もずいぶん抜けていたが、

表面上はそれを嫌がる様子は見せず。

しかし、1日中帽子をかぶり過ごす。(寝ている時も)




27日になって、またCRPが上がりだす。 6.87

血液の培養の結果、またも ぶどう球菌

1種類の抗生剤を変更。

尿検査で 糖定性+、血糖↑、たんぱく↓ などなど

このころの血液や尿検査の結果明細表にはあらゆる数値に異常値が出て、

↑だの↓だのたくさん印が付いていて、ここには書ききれない。




結局、28日に胸のカテーテルを抜いて、右腕に入れ直した。

ぶどう球菌がカテーテルに住み着いている可能性があるからだとか。

菌が住み着くって・・・

そんなことあるんですね。



頑張って入れた胸のカテーテルは28日間で終了・・・。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR