スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷 その後

2007年9月4日



入院時(7月26日)から毎日、8月18日からは麻酔なしで続けてきた

左ひじの傷の処置。

だんだん表面に皮膚が覆って、痛みも減ってきていた。

子供だから、早い。(大人はこうはいかない、と先生もおっしゃっていた)

処置中は病室に入らないで と娘が言うので、いつも病室の外で待機。

もう泣いたりせずに洗い流すことができていた。


入室するのはいつも包帯を巻いた後なので傷の治り具合は確認できな

かったが、もうそろそろ自分で洗えるんじゃないかな と主治医のS先生と

形成外科の先生。

傷口は水道水で洗い流すのが一番だそうだ。


またまた、次のステップへ進む時が来た・・・と心配したが、

痛みや恐怖が伴わないのは本人が一番わかっているので、前回のように

泣いたりはしなかった。



病室の洗面台で自分で傷口を洗う初めての日。

娘は  慎重派なので、痛くないようにゆっくりゆっくり・・・・・・

その間、30分ぐらいだったかな。

娘の後ろで、主治医のS先生、M先生、形成外科の先生、院内学級の先生、

看護師さん・・・とたくさんの方たちが見守って下さった。

皆さんお忙しいのにずっと。

(こんな感動的な瞬間に私は病室入り口で覗くだけ。娘の許可下りず・・・)



たくさんの方たちに助けられている・・・と実感した時間だった。

お忙しい中、親身になって下さって本当にありがとうございます。



石鹸でそーっとそーっと洗うと、

周りからアカがいっぱい出てきたそうだ。



ここまで、本当によく頑張ったね!!!




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。