スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採血結果 (Day85)

まずは結果から  ( Day85 )


   白血球 ・・・・・ 4,760   (正常値 3500~8500)
   ヘモグロビン ・・ 12.2    (11.5~15) 
   血小板 ・・・・・・ 14.8万   (12.0万~35万)
   CRP ・・・・・・・ <0.07    (0~0.30) 
   タクロリムス ・・・・ 6.5    (この時期5~10を目標)

   AST ・・・  69  (13~33)
   ALT ・・・ 168  (6~27)

   尿検査 異常なし

   体重は退院前から徐々に下がり続けていたけれど、下げ止まった感じ
        ただし、入院前よりマイナス8キロ



タクロリムスの血中濃度を一定に保つために毎日定時(12時間おき)に飲ま

なければいけないプログラフ(免疫抑制剤)、今のところ 朝・晩 9時 

に飲んでいます。 学校に通いだしたら時間設定を変更予定。

外来日はその日の朝の分を飲まずに採血をし、その結果をみて次回の量を

決めるので、9時には採血をしないといけないのですが・・・


さっそくの10分遅刻。

ひぇ~。

朝が弱い親子です。 (^^ゞ


さいわいなことに、昨日は小児科外来がとっても少なかったようで、受付後

すぐに呼ばれ、9時半には採血出来ました。

採血は小児科の先生が直接してくれます。

外来が混んでいる時は、「大きいから大丈夫~。大人の採血室に行ってね。」

と看護師さんに言われることもありますが、大人用の針、痛いらしく、

娘はいやいやモードになります。

子ども用の細い針で!と注文することもあり。

身長、体重ともに大人と変わらない中学生なんですけどね・・・。


今日は主治医の先生の採血でした。

ビックリするほど痛くなかったそうです。

良かった、良かった。



さて、結果について。

ASTとALT(肝機能)の値は、前回の退院直前から横ばい。というか微増。

薬の影響か??という数値なので、次回まで様子見です。

詳しくは記録しませんが、ほかに中性脂肪と血糖値が高く、

これは経過からみて今回の病気・治療とは無関係なところでの数値

かもしれないと。

次回の血液検査で詳しく調べることになりました。


食欲については、起きてすぐの吐き気が強い、食べると落ち着く、

1週目はほとんど食べれず、今週は量が少しとはいえ増えつつある・・・

など今の娘の様子を話しました。

胃(消化器系)のGVHDもあるそうで、ひどくなったり体重が激減したら

胃カメラで検査する事もあると退院前に聞いていましたが、

徐々に食べられるようになるのでは・・・と

これももう少し様子見。

念のために吐き気止めの薬を処方してもらいました。



あとは問題なく、次回は3週間後。(ほんとは2週後、でもGW期間中)

その時に移植後100日経過のマルクも。

と決まりました。


CV部分の抜糸も

  「2週間経ってるから糸が埋まっていて痛かった」 by 娘 

だそうですが、滞りなく終了。



  プログラフ(免疫抑制剤)  0.4mg×2
  ジフルカン(抗カビ)    朝・晩1錠ずつ
  ゾビラックス(抗ウィルス) 朝昼晩計5錠(1・2・2)
  バクタ(肺炎予防)     朝晩1.5錠ずつ 水木金
  ナウゼリン(吐き気止め)  頓服(1日3回まで)




長くなりそうなので、その後の小児科行事の「春の遠足」と、元校との

連絡会については、次回につづく・・・。





ついでに。

娘、バテずに今日も院内学級に登校出来ました!



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。