スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植 ⑥  Day -2~Day -1 ひと休み

移植前の2日間は、薬もなく、放射線もなく・・・

吐き気がDay-7放射線開始以来ずっとあるものの、定期の吐き気止め以外は
一切拒否。
「入れても効かないし、かえって気持ち悪い」 と言っていました。
何度か言い聞かせてプリンペランだったかを入れてもらったこともありまし
たが、やっぱり効かず、逆に軽いパニック状態になったりもしました。



Day -2

熱は37.3度~37.5度。

朝10時頃(だったかな?)大量輸液終了。
ただし、ため込んでいるので、朝いちで利尿剤。
  娘は利尿剤が入ると1時間ほどの間にだいたい3回くらい続けて尿が
  出ていました。2回目からはほぼ水のように透明。
  もともとトイレが遠く小さい頃からためて出す傾向があったのですが、
  入院中ほんとによく利尿剤を打たれました。

朝の薬・・といっても11時頃ですが・・錠剤は飲めるが、
液体のバンコマイシンは飲めず。
そのため、バンコ用のアレルギー予防薬、アレジオン内服中止。


10時頃、移植を終えて元気になった幼児さんが退院しました。
顔を見たくて無菌室の入口に根性で立って「バイバ~イ」を言う。

午後、次の幼児さんが移植のためセンターへ入ってくる。
ハイテンションであちこち探検して回る姿を部屋からのぞく。

  ちっちゃくても不安なんですね。
  自分の部屋(無菌室)にはなかなか入ろうとしませんでした。


余談ですが、娘は一人っ子のためか小さい子が大好きで機会があれば良く
一緒に遊んでいました。
弟や妹のような気がしていたのかもしれません。
お姉さん気取りも出来ますしね。
世話を焼いたり一緒に遊んだりしている姿を見ると、将来は保育士さんに
なったらいいんじゃな~い?と思うくらい。
その道の選択肢も残しておいてほしいな~。


しばらくして、気分転換のため病室を出てセンター内のソファーに座る。
  (移植センター内はすべてクリーンな空気のため自由に移動できます。)
30分くらいで吐き気が襲ってきて部屋へ戻る。

この日の午後はベッドに横になってずっと携帯をいじっていました。
昨日よりは起きている時間が多かったかな。
1時間おきと決めたうがいも本当によく頑張っていました。

昼は苦~いバンコマイシンも飲めましたが、夜は錠剤のみ。
吐いたのは2回。

夜はアタPを入れずに寝る。



Day -1

熱は36.8度~37.2度。

朝、不安を訴える。
いよいよ明日・・・という不安。


朝の薬、10時半に錠剤、11時半にバンコマイシン。
毎日薬との格闘です。この日は3回ともなんとか全部飲めました。
フレーバーを混ぜたりして頑張っていたバンコですが、とうとう、この日、
ストレートの一気飲み。
本当に辛そうでした。
喉や口の中が痛くなったり吐き気が強かったりでみんないずれ薬が飲めなく
なるそうです。
でも、飲めなくなる限界までなるべく長く飲んだ方がいいらしく・・・
  念のためにいつまで飲まなくてはいけないのかをドクターに尋ねたら、
  理想は生着まで・・と。
  現実、そこまで飲めている人はいるのでしょうか。

無理しなくてもいいよ~と優しく言ってくれる看護師さんもいましたが、
親としては、厳しいと思われるかもしれませんが、飲んで予防できるので
あれば1回でも長く飲んでほしい。
全力で頑張ってそれでも飲めなくて苦しんでいる娘に向かって、けんか腰に
厳しい事もたくさん言いました。
  「飲まないともっときつい事になるよ。」
  「小さい子もみんな頑張って飲んでるよ。」
  「あともう少し頑張ろう。」
娘も分かっていることなのに・・・。
もう十分頑張っているのに・・・。

追い打ちをかけて苦しめているだけなんじゃないの?
ここは鬼と思われようが飲ませないといけないんじゃないの?

薬のたびに毎回毎回、頑張ってあと1回だけ飲んで!という思い、もう頑張ら
なくていいよという思い、二つの思いを行ったり来たりして苦しかった。



午後、ベテラン看護師さんとおしゃべりをして朝の不安が少し和らいだ様子。

昼の分のバンコ(16時半)は飲んでしばらくして吐く。
吐き気は変わらずあり。2回吐く。
午後、気分転換にセンター内のソファーに1時間ほど座る。
ほとんどベッドに横になってはいるもののDSや携帯をいじる余裕は少しあり。

明日の移植に備えて、プログラフ(免疫抑制剤)の24時間持続点滴開始。



Day-2~Day-1
    内服薬  ポリミキシン(無菌化 錠剤)
          バンコマイシン(無菌化 液体)
          レベニン(無菌化整腸剤 錠剤)
          アレジオン(バンコアレルギー用 錠剤)
             ↑バンコが飲めなくなってきて中止        

    点滴   ファンガード(抗カビ)
          セフェピム(抗生剤)
          アシクロビン(抗ウィルス)   
          フラグミン(VOD予防 24時間持続)
          プログラフ(免疫抑制剤)24時間持続点滴開始(Day-1~)
          アタラックスP(吐き気止め、精神安定?)
          吐き気で食事が取れないので輸液がフィジオ35に
                    ↑移植後徐々にカロリーアップ



【血液検査結果】  Day-2  (前回 Day -4)

     白血球・・・・・ 1,310   (930)
     ヘモグロビン・・  9.3   ( 8.8)   
     血小板・・・・・ 10.3万  (11.7万)
     CRP ・・・・・・  0.21   (0.08)
     AMY ・・・・・・  50↓   (330)

 白血球の数値が上がっていますが、娘はこれまでの化学療法中も下がる前
 にいったん上がってから下がることが多かったです。
 前回入院時の主治医が、「骨髄の中に残っている白血球があふれ出てくる
 から」と言っていたような記憶があり、あまり気にしていませんでした。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

放射線

息子の場合は最初の化学療法で骨髄では完全寛解したけど中枢神経に少し残っていました。だから頭に追加照射しました。髄注も2週に1回やってました。結局かなりの被爆をしたのですが特にかわっいた様子もなく移植の日を迎えました。移植してからは恐ろしいことがありましたけどね・・
昨日は本当に疲れました。さすがに8ヶ月間のブランクはきつかったです。そう簡単には行きませんね!結局エンジンのトラブルもありましたがドベでした。でも炎天下の中普通の子でもキツイ中諦めずに最後まで走りきりました。たくさんの方に暖かく迎えていただきましたしまだまだこれからです。息子も次は見てろよーって感じです。移植してもここまでやれるってとこを見せてやります。コースに出ると勝負の世界手加減なしのガチンコ勝負です。簡単に勝てたら逆に面白くないないですよ。息子も次のレースのコース攻略と体力作りに燃えています。つらい治療を乗り越えた根性を見せてくれることでしょう!!
娘さんもだれにも負けない精神力で受験も乗り越えてくださいね!
ではまた

がんてつさんへ

髄注、2週に1回・・・息子さん頑張りましたね!
辛かったでしょうが、その分しっかり叩けたんじゃないでしょうか。

カートの様子、ツイッターの写真を見せていただきましたよ!
かっこ良かった~。(^o^)/
暑かったでしょうに、最後まであきらめずに完走出来て、素晴らしい!
結果なんて二の次です。その根性があればこれからいくらでも巻き返せます!

娘は今週末が部活最後の大会です。その後、いよいよ受験体制に入る・・・はず。
きょう提出期限の「志望校調査書」を机の上に忘れていくツワモノですが、なんとか頑張ってくれると思います。たとえ上手くいかなかったとしても「それがどうした!人生いろいろあるさ!」くらいの気持ちで応援しようと思っています。出来るかどうかは自信ないけど・・・(^_^;)
Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。