スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院前日

2007年7月25日 入院前日


入院した病院とは別の大学病院の皮膚科を受診。


左ひじに出来てなかなか治らない ”できもの” を

詳しく調べてもらうためだ。

血液検査や皮膚を切り取っての組織検査等々。

この時点では全く別の病気を予想して調べてもらっていた。

午前中いっぱいかかって帰宅。

私も娘も疲れて帰宅後すぐにお昼寝。


3時ごろ、病院の担当の医師から電話が入り、

いきなり病名告知・・・・・・

電話口で頭が真っ白になる。

「明日、入院の準備をして小児科を受診してください。」
「頭を打ったりしないように。外で遊ばないように。」

血が止まらなくなるからだ。


しばらくして目が覚めた娘に

入院しないといけなくなったとだけ伝える。

不安でしばらく泣いて、いやだと言った、と思う。

実は子供の反応はあまり記憶がない。 (ごめんね)

頑張って入院しないとねと励ましたような気がする。

状況を把握するのにいっぱいいっぱいだった。


仕事をしばらく休職すると決めて、手元に残っていた仕事を片付けた。

意外と冷静なのかな。


病気の情報をネットで調べようとしたが、

怖くて途中で断念。



夜眠れなくて、1時間おきに目が覚める。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。