外泊と眼科受診

2007年10月3日~9日



回復中の白血球が 710 (1日) から一気に 2,850 (3日) に増え、

3日に白血球を増やす薬を中止。

ヘモグロビンと血小板も増えてきて、2日で輸血は終了。

もちろん熱は出たし、おなかと目にも来たりしたが、

2回目の寛解導入治療はわりと順調だったような気がする。



この後は、3回の強化療法に入る。



その前に、

ひと休みのご褒美、  外泊!!!

土、日、月の2泊3日。

  ほこりがたまってない? (たまってます。)

  掃除が大変!

  風邪をひかせないようにしないと!

  新鮮でおいしいものを食べさせよう!でも大好きなお寿司はまだNG。

  元気が出る食事、好きなものはなんだっけ?  

  薬は持った? 忘れ物はない?

ハラハラ、ドキドキ。 (3日後には戻ってくるんですけどね。)



看護師さんにカテーテルの部分の処置を直伝され (へパフラッシュです) 
        
予行練習も無事クリア。 手順のプリントを握りしめて、

いざ、外泊!!!


娘はしたいことがたくさんあるようで、嬉しそう。

さっそく、仲良しのお友達に家に遊びに来てもらった。

手洗いを横で指導しながら、しっかりしてもらい、

申し訳ないけどマスクもしてもらって、2時間ほど遊ぶ。

クラスの様子をあれこれ聞いていたようだ。

お友達はきっと娘の痩せた姿にショックを受けるだろうとは思ったが、

お母さんとも知り合いだったので、無理を承知でお願いした。

ありがとうございます。 たのしい1日でした。

楽しそうにしている娘を見れて私も嬉しかった。


久しぶりに自宅でお風呂のお湯につかる。

カテーテルが入っている右腕は上にあげた状態で。

     左ひじの傷の皮膚がふやけて水膨れに・・・。

     皮膚を保護するテープを張ることになった。

     まだまだ中は完治していないんですね。注意、注意。




あっという間に時は過ぎ・・・・・・・

9日の夕方、病院へ戻る。



翌日(10日)は、2回目の寛解導入の間に痛がっていた 目の検査

娘のいた病院には眼科がないため、近くの大きな病院を紹介してもらう。

感染がとても気になるが、先方にお願いしてなるべく人のいないところで

待たせてもらう。


さすが総合病院。 待ち時間が長い!! 長すぎ!!

誰かが咳をするたびに、びくびくだった。 

終了したのはお昼過ぎ。

特に異常なしでほっとする。



帰りにミスタードーナッツに寄った。 (もちろん娘は車の中で待機)

娘も私もとても新鮮な気分。

ドーナッツってこんなにおいしかったっけ? 



帰ったら、さっそく明日から強化療法1回目の開始。

なんだかバタバタの気分転換だった。








2010年3月4日(現在)


外来から帰ってきました。

疲れたぁ・・・(>_<)

結果は、

レントゲン、心電図、心エコーともに異常なし!

血液検査結果   ( )は前回1月7日の値

   白血球    : 4,370   (7,690)
   ヘモグロビン :  14.2   ( 14.3)
   血小板    :  18.8万  ( 20.1万)

でした。

昨日からの体調不良は分からずじまい。

今日は37.5度でのども痛いらしいのに、赤くもなってないそうで、

しばらくたっても良くならない時はかかりつけの小児科で診てもらう

ようにということでした。

心配だけど、血液は異常なしなので

必要以上に心配するのはやめておきます。

娘は、5時間目から学校に行きました。

部活もして帰るそうで・・・・・・ (^_^;)

元気だということでしょう。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR