スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植⑰ Day49~Day55

移植から7週目の様子です。

先週からアップの肝臓数値、横ばいが続きます。
皮膚のGVHDは終息傾向。




Day 49

熱は36.5度~36.7度。
ベニロン(血液製剤・免疫力アップ)
ネオミノファーゲンシー(肝臓の薬)開始(CVから注射)


肝臓値、多少の増減はあるがほぼ横ばいのため、肝臓の薬を開始。
この注射を入れる時にピリピリすると訴える。
    娘は点滴や注射での感覚にとても敏感でした。
    看護師さんに「今から○○入れるよ~」と言われて緊張するのかな。
    この薬のほかにも血小板輸血時のステロイドに痛みの反応が出たり、
    へパフラッシュで喉の奥に匂いを感じるとか、「あ~今薬が入った
    のが分かる~」とかいろいろ言っていました。
    看護師さんも娘の顔を見ながら・・・の対応をしてくれました。

皮膚の赤味・かゆみは減少傾向。
そのため、メソもステロイドもいかず。
塗り薬(デルモゾール・ステロイド)も1日2回、赤いところだけに。

そしてこの日、主治医にお願いしていた「元校、終業式出席」(Day57で)
の許可が下りる。
    入院した時点で娘は、気が早いのですが「退院しても髪が伸びる
    まで絶対に学校に行かない!」と言っていて、まぁ、それは退院
    する時に考えようよと保留にしていました。
    それが、いよいよ退院が目の前にちらつくようになってきて、
    夜な夜な何かに悩んでいるような、考え込んでいるような・・・
    眠れなかったり・・・があり、2年生の終わりをみんなと一緒に
    迎えられたら気持ちも変わるかな・・・ここがチャンスかな・・・
    と、なかば強制的に私がダメもとでドクターにお願いしていました。
    Day57で・・・ちょっと無謀だったでしょうが、ドクターも娘の気持ち
    を最優先に考えて下さって、「短時間なら」という条件付きでOKが
    出ました。
    逆にこっちがびっくりしたくらい。えっ、行って大丈夫なの?と。
    娘も初めは驚いて戸惑っていましたが、すぐに嬉しそうな顔に。 
    
   

Day 50

熱は36.7度~36.8度。
 

食欲はあるが、体のだるさが続く。



Day 51

熱は36.6度~36.8度。
イトリゾール(抗カビ・液体飲み薬)をジフルカン(錠剤)に変更


イトリゾールが肝臓数値をアップさせているのかも?ということで、
この日から錠剤のジフルカンに変更。
後味が悪くてとっても飲みにくい液体がなくなったので娘は嬉しそう。

タクロリムス15.7でプログラフ減量 0.5㎎→0.4㎎

皮膚の赤味は減少。
腕、膝、太もも、お尻のみ薄く薬を塗る程度におさまってくる。


終業式に出席するために制服を着るので、足(見える部分)を特にしっかり
保湿する娘。
目標があるとがぜんやる気が出ます。
いつもそれくらいしっかりやろうよ~ by 母

週明けに英語と数学の学年末テスト実施(院内学級)のため勉強。
遅れを取り戻すのが間に合わない~と焦り、でもだるさもあり気力いまいち
で力が入らず悶々としている様子。
先生に借りた高校のパンフレットを眺めたりして過ごす。



Day 52

熱は36.8度~37.4度。


院内学級の補習を先生が休日出勤でして下さる。
夜22時~試験勉強。(英語)
それでかな?夜微熱が出て汗少々。アイスノンで冷やす。



Day 53

熱は36.6度~37.2度。


よく食べる。食べても食べても「おなかすいた~」
昼間、病院の階段を2Fまで上ってみる。(2年生の教室は4階です)
今日も、夜、テスト勉強。



Day 54

熱は36.1度~36.2度。


赤味減少。
かゆみはなし。

テスト勉強頑張る1日。
食事もたっぷり摂れて、肝臓数値以外は普通の中学生のように見える。



Day 55

熱は36.6度~36度台。


体重管理(朝の測定)が週2日に減る。
が、体重は食べているのに微減が続く。
ど~んとは減らないけれど、Day30くらいからじわじわじわじわ減。

皮膚は落ち着いてきていて、
「デルモベート、もう塗らなくていいよ~」 by主治医


午後から院内学級にて英数の期末テストを受ける。




Day49~Day55
   内服薬  バクタ(カリニ肺炎予防)
          ゾビラックス(抗ウィルス)
          ジフルカン(抗カビ) Day51より(イトリゾールより変更) 
          プログラフ(免疫抑制剤・粉薬) 
         
     
   点滴    ベニロン(免疫力アップ) Day49
              ↑
             週一ペースで入れていましたが、いつまで続くか
             看護師さんに質問したところ「みんなだいたいDay60
             くらいまでは入れてますね~」とのこと。
          ネオミノファーゲンシー(肝臓) CVより注射 Day49~





【 採血結果 】     Day49     Day51     Day53    Day55         

   白血球 ・・・・・   9,340      8,600      8,380     8,460    
   ヘモグロビン ・・    12.1       12.3       12.2      12.1          
   血小板 ・・・・・   13.5万      13.0万      13.4万     13.8万        
   CRP  ・・・・・・     0.08       0.08        0.08       0.07      
   タクロリムス ・・     13.4       15.7       12.6      12.9       

   AST (13~33)・・   179      172       182      184      
   ALT (6~27)・・    496      508       540      523 
   LDH (119~229)・   221      234       212      249 
   ALP (115~359)・   358      360       367      349 
   γ-GPT(10~47)・  118       121       ?       133
 

白血球・ヘモ・血小板の数値は安定していて問題なし。
多分移植後の数値としては結構順調な方ではないかと思われます。

肝臓値は先週よりアップもないがダウンもそれほどなく、ほぼ横ばい。
薬を入れ始めたからといってそう簡単に下がるものでもないのでしょう。

     

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。