スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強化療法1回目 膀胱炎

2007年10月25日~10月29日



強化療法1回目の骨髄抑制期前半は、高熱と鼻血だったが、

後半は、膀胱炎。


まず、25日に微量の血尿が出た。最初は痛みはなかった。

??何でしょうか??と様子を見ていたら、だんだん痛みが出て、

おしっこの最後のほうで血尿と一緒に激痛が来た。

思わず叫んでしまうくらいの激痛。


膀胱炎だった。

   白血球はまだ 80  自力で治る数値ではない。

   CRP(炎症反応)は 8.79



管を入れたほうが楽だし寝れるし、と娘を説得し

   (なかなかうんと言わなかったが、痛みが我慢できなくなって
   しぶしぶ承知)

管を入れてもらった。(26日)


でも痛みは消えない。

強めの鎮痛剤を打ってもらわないと我慢できないくらいで

特に尿が外に出ていくときが強かった。

この痛み止めが何だったか覚えていないが、

癖になるので間をあけないといけないらしく、

薬と薬の間の数時間がとてもつらそうだった。

痛みを我慢して全身に力が入り、筋肉痛になった。



結局 3日目(28日)に管を抜く。

ずっと痛いより、おしっこのときだけ激痛に耐えるほうを選んだ。

娘は、叫び声が病室の外に響くのが嫌で、

トイレのたびに口をタオルで押さえていた。


29日の 白血球は 50 (全治療中の最低値)   CRPは 9.16


輸血もまだ続く。




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。