再発確定まで(2010年8月)

娘の今後も決定したことだし、闘病記に戻ります。

再発から移植前の3回の化学療法までの記録です。





2010年8月19日

初発の治療(5回の化学療法およそ7ヶ月)退院後、2年半目の外来


外来前1週間は不安な気持ちが湧いてきていつも嫌だったけれど、

1ヶ月 → 2ヶ月 → 4ヶ月 と外来の間隔がだんだん開いてきて

少しずつその不安の量が無意識レベルでは減っていたのかもしれません。

今思えば今までで一番、言葉は適確ではないけれど油断して臨んだ外来

でした。


朝から晩まで部活に夢中の娘。

腹痛や足、頭痛、吐き気、・・・いろいろ訴えるけれどどれも一過性、

すぐに消える。

日頃の疲れが溜まっているからね~と、悪い事は考えないようにしていた、

そんな日常の中での外来。

先生に聞いてもらって安心して帰ろう・・・そんな気持ちでいました。



いつものように採血して、売店で買った遅めの朝食をとり、

少しゆっくりしてから外来へ・・・

1時間ほどして呼ばれた診察室で、

ドクターから「ここ最近、風邪引いたりした?」と真っ先に聞かれる。


まさかの数値ダウンでした。      (8月19日の結果)


採血結果を聞いた時は、

心の準備がまったくと言っていいくらい出来ていなくて、

そのことの意味することがすぐには理解できなくて、

思考が止まってしまった感じでした。



その後、数日あけて再検査。      (23日)

血液の数値が微妙な値から上がらず、下がらず・・・

何が起こっているのかはこの時点では何も確定できないみたいでしたが、

ドクターからは「骨髄異形成症候群」という言葉も。

どうしていいのか、どう考えればいいのか・・・

まったく分かりませんでした。



1週間後にもう一度、と言われる。




娘はしばらく部活をお休みすると決めました。

私も仕事を少しの間休むと連絡を入れる。

そして、考えることを避けて、二人で遊びまわりました。

映画、カラオケ、ゲーセン、プリクラ、美味しいものを食べ、

可愛い洋服や欲しいものを即決で買いまくり、

とにかく、考える時間を作りたくなかった。



でも・・・・・

昼間はなんとか楽しく過ごせましたが、夜になるとだめでした。

娘は毎日泣いていました。

再発?いやそんなはずはない・・・私も心が揺れていて、娘にどんな言葉を

かければいいのか分かりませんでした。




そして、8月30日。

3回目の外来。

マルク

その日はかねてから予定していた院内学級でのミニチュアスイーツ作りの日。

娘と二人、恩返しのボランティアのつもりでいろいろと準備していました。

娘は、「予定は変えない! 院内学級に行く!」 と言ってきかず、

マルクの麻酔と眠気からやっと醒めたかな?の状態でそのまま小学部へ。


しばらくはスイーツ作りに熱中しましたが、

楽しい事をしているのに、心ここにあらずの状態でした。






夕方、マルクの結果が出て、再発が確定しました。  (30日)

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

気持ちは同じです。 2010年 9月

こんにちは♪長い間での再発だったので相当ショックだったでしょうね…うちの子の場合は10ヵ月後でした。
奥さんが病院からの留守電を聞いて僕が病院に電話しました。内容は前回の検査での数値ダウンと決定的なのは後で出た結果に芽球が1%出ていました。もう頭の中は真っ白で最悪な気分でした。仕事を早退して二人で学校に迎えに行きました。その時息子は夕日の中で元気にサッカーをしていました。僕は涙で息子を見ることができませんでした。退院してからの楽しかった事やこれから楽しみにしていた事ができなくなります。
息子には明日病院に検査に行くとだけつたえました。
その日晩御飯をおばあちゃん家で食べに行きました。事情を母に伝えるとただ泣くだけでした。そしてばあちゃんたちとお別れして。家でお風呂を泡だらけにして遊びました。それから夜遅くまで一緒にゲームしてからにして寝ました。息子は疲れたのかすぐに眠ってしまいました。僕は朝まで息子を抱きしめたまま泣いてました。
次の朝息子は急に泣き出して病院に行きたくないと言い出しました。もうすでになにか感じていたのかも知れません…つられた様に弟君まで泣き出してしまいました。
病院でマルクの結果、再発が決定、2度目の長い戦いの始まりでした。
この2日間の事は一生忘れる事はないでしょう
そして今はDay 413!メッチャ元気です。
思わず僕も振り返ってしまいました。
これからもお互いに最高の人生でありますように♪

がんてつさんへ

振り返るのは辛いけれど、こんな最悪の日々を乗り越えて頑張ってきた娘を誇りに思うのであえて記録に残しました。これからしばらく治療中の様子をアップしますので嫌なこと辛かったことを思い出させたらごめんなさい。
がんてつさん息子さんも病院に行きたくないと泣いた日からよく頑張りましたよね!「Day413メッチャ元気!」なのがほんとに輝いていますi-189

我が家の息子はやっとday120を越えたところです。
先日やっと退院することができました^^
うちも「再発」は電話で告げられましたが、がんてつさんと同じように頭の中は真っ白で最悪な気分になりました。
そして、あの時の胸の痛みは今も忘れることができません。
bokuranoashitaさんの娘さん、がんてつさんの息子さん、お二人は不安だらけの私に大きな希望を与えてくれます。
そして、やはり辛い日々を乗り越えてくれた息子を私も誇りに思います。

abuchiさんへ

退院されたんですね!おめでとうございます♪
乗り越える山が子どもにはあまりに大きすぎる・・・でもそれを越えようと頑張る子どもたち。自慢の子どもたちです。
親の思いはみんな一緒!これからもみんなで頑張りましょう~(^o^)/
Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR