スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピック挿入

2010年9月2日 (入院2日目)


採血結果
    白血球・・・・・・  2,490
    ヘモグロビン・・・ 13.1
    血小板・・・・・・・・ 8.8万
    好中球・・・・・・・・ 19.5%

この数値ってそんなに悪い?ほんとにもう上がらないの?と思っているのは
私だけで、事はどんどん進む。



左手にルートを確保して、心電図、心エコー、胸部レントゲンと
次から次へと検査。

合間に、院内学級中学部へ。

その後、右腕にピックを挿入。

   胸から入れるのは移植の時のためにとっておくとか。
   あわよくばこのまま移植までいければ・・・だそうです。  
    (最終的には移植前に右胸にCVを入れました)
   娘は左肘に前回入院時の治療痕があるので、
   利き腕は右ですが右腕にピック挿入となった。はずです。

  

明日からの治療に備えて、夜から輸液点滴が始まる。

4人部屋の女の子部屋。小学生が3人の楽しそうで明るい雰囲気でした。
点滴が開始になり、夜中のトイレは大丈夫だろうか???だったけれど、
久々の病院とはいえ中学生だし、同室の小学生の手前もあるだろうし・・・
で、私は帰宅。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。