スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の気持ち

小学5年生と言えば、思春期に入るちょっと前の微妙な年齢ですよね。

親のことをうっとうしく感じ始める子もいれば、まだまだお子ちゃまの子

もいて、うちはわりと早熟だったけれど、一人っ子だったので、

自立心の芽生えは遅めで甘えん坊だったかな?

でも、微妙なお年頃に突入し始めていたことは間違いないです。


病気のことについていえば、本人がどれくらい認識しているのか、

分かっているのかいないのか、よく分かりませんでした。

痛いことがいやでわんわん泣くことはあっても、

自分の辛い状況に涙するということはあまりなかったので、

(私の前では、です。いないところでは泣いていたかも)

子供の気持ちがとても分かりにくかったです。

どう思っているのかをそっと覗ける窓があったらいいのに。


本人への病名告知はしばらくたってからだったんですが、

迷いに迷ってやっと告知した時の反応は、

   「ふ~ん」

” 白血病 ” という言葉を聞いたことがなかったらしく、

そんな病気があるんだ・・・という反応でした。

「セカチュウ」をあんなに泣きながらみてたはずなのに、何の病気なのか

ということは理解できていなかったんですね。

肩すかしをくらった感がありましたが、病名が独り歩きしているよりは

はるかによかったかな?




病室(個室)に二人っきりでいると、お互いに煮詰まって来る時があって、

ある時、娘が、

   「しばらく一人にしてほしい」

と言ってきたことがありました。

   「5分でいいから」

なにをしたかったのか、考えたかったのか、一人で泣きたかったのか・・・

今となっては分かりませんが、子供だって一人になりたい時があるんだなぁ

と改めて我が子の成長を感じたこともありました。


とっても簡単なことが理解できてないかと思えば、哲学的なことを

言ってみたり、大人よりはるかに敏感に周りの状況を把握出来ていたり、

子供か大人かその中間か、ほんとによく分かりませんでした。


ただ、言えることは、

娘には、娘の世界があって、きちんと、少しずつ、成長しているんですよね。

こうやって改めて考えると、

いつまでも子供扱いして、子離れできないでいる自分 (現在進行形) を

反省・・・・です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(19歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。