スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院後8ヶ月 修学旅行

退院後8ヶ月経過、2008年10月の様子です。


5年生の宿泊学習(3泊4日)は入院中のため参加できず悔しい思いをしたので、

娘も私も6年の修学旅行(1泊2日)はなんとか!!と思っていました。

その一方で、9月は体調が悪く出席と欠席が半々だったので、

行けないかも・・・と覚悟もしていました。


そして直前の外来 (9月末)

特に血液数値に問題はなく、主治医のOKが出ました。

娘は大喜びです。

もちろん私も嬉しかったけれど、

1泊2日のスケジュールがかなりハードだったこともあり、

隠れて後ろからついて行きたいくらい心配でした。

実際、旅行中いつ連絡が入って

「迎えに来てください」 

と言われてもいいように、常にスタンバイOK状態でいましたが、

こちらの心配をよそに、楽しそうに出発して楽しそうに帰ってきました。

  それどころか、宿泊先で盛り上がりすぎてなかなか寝なかったらしく
  同室のみんなと一緒に先生から大目玉を・・・・・
  というお土産話まで持って帰ってきました。(^_^メ)



この頃は、まだ、微熱、足の痛み、鼻血が時々あり、

その後徐々に徐々にその頻度は減っていきましたが、

この症状は退院後1年以上続きました。



10月の血液の検査結果
   白血球     5,580   
   ヘモグロビン   13.0   
   血小板      17.2   


10月の処方を最後にバクタが終わりました。(退院後9ヶ月目まで飲む)

錠剤を飲むのはわりと平気な方でしたが、

バクタは大きい錠剤なので、さすがに大変でした。

でも、これで最後。

娘の提案で1錠だけ記念にとってあります。 (^_^;)



血液の詳しい検査の結果、もう予防接種も大丈夫!と言われ、

11月に入ってから、近所のかかりつけの小児科で

インフルエンザの予防接種を2回受けました。

小さい頃から極度の怖がり&痛がりで

この小児科の玄関前に立つだけで大泣きしていた娘が、

泣くこともなく冷静に注射に臨み、

  「すぐ終わったし、ちょっと痛かっただけ」

などと大胆発言する姿を見て、

入院の経験が一回り成長させてくれたんだな・・・と思う反面、

それだけすごい経験だったんだよね・・・

できることならさせたくなかった経験だったな・・・

と複雑な心境でした。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。