スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じていますよ

寛平ちゃんの記者会見で、担当の医師が

「治ります!」

ときっぱりと言い切ったのを見て、思い出したことです。



退院してしばらく経った頃・・・・・・

まだまだ回復の途中なのにもかかわらず、

なかなか娘の調子が上がらないことに不安を感じて、

お得意の後ろ向きな心が、

出ては引っ込み、出ては引っ込みしていた事がありました。


主治医には私の気持ちが丸見えだったのでしょう。
  
  「お母さん、私は、悪い結果にはならないと信じていますよ。」

とおっしゃったんです。

この言葉に、私、はっとしました。

お医者さんって、冷静に、良い事も悪い事もいろんな状況を想定して

診療に臨んでいらっしゃると思うんですが、

その真ん中の、芯の部分は

やはり「治る!」と信じているんだ・・・と。(当たり前ですか?)

最良の結果になると信じているからこその治療なんですよね。


なのに私は・・・

後ろばっかり見ていて情けなかったし、

ふらふらしていた心が恥ずかしかったし、

一番は、頑張った娘に申し訳ない。

母親が信じなくてどうする! ですよね。



本当のところ、今でもこの 後ろ向き との縁は切れていません。

油断するとすぐにそっちに心を持っていかれる。

それでも、

先生のこの一言を思い出すと、

力が湧いてくるのです。


テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

     

コメント

Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。