スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何なんだろう

原因は何なんだろう・・・

ある時期、そんなことばかり考えて過ごしていました。

娘が入院して、1ヶ月くらいの間だったかな・・・

入院時の説明で、主治医から、

  原因は分かりません

と明言されましたので、素人の私がいくら考えたところで

分かるわけもないことは、頭では十分理解しています。


それでも、

あの時のレントゲンかな・・・ 

食生活かな(好き嫌い多いのにほぼ黙認のため栄養バランス悪し)・・・

住む場所かな・・・

住環境かな(オール電化)・・・

私の遺伝子かな(アレルギー体質ほかいろいろ)・・・

塗っていた薬のせいかな(ステロイド)・・・

目覚まし代わりの携帯かな(枕元)・・・

最近お墓参りしてないからかな・・・

果ては、旅行で乗った飛行機の窓のブラインドが開いていたな・・・

窓から上空の放射線がはいってきたかも・・・


と、今ならば、それはないない、と流せそうなことまで、

ありとあらゆることを考えては、真剣に悩んで、

そうかも、それが原因かも、と、なんとか結論を出そうとしていました。


あれこれ考えることで、現実を受け入れるのを先送りしようとしていた

のかもしれません。



どの時点で吹っ切れたのか、(まだ吹っ切れてはいないけれど)

そんなことで頭をいっぱいにしても、目の前の娘の病状が良くなることに

なんの力にもならないことに気づいたからか、

それとも考えることに疲れ果てたからか、

結論を出すのは、いつの間にかやめてしまいました。



何十年か経って、医学がもっともっと進歩したとき、

きっと、原因がはっきりするでしょう。

あなたの娘さんはこういう理由で病気になりました、

と分かる日が来たときに、

ごめんね・・・と娘にあやまろう。


それまでは、心穏やかに過ごすことにして、

この気持ちにはふたをしておきましょう。


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

     

コメント

ありがとう!!

そんな風に思っていたのは、わたしだけじゃなかったんだね…とbokuraさんのブログを見て少し肩の力が抜けました。

元気な下の子と違うのは母乳育児ではなく生後2ヶ月くらいで母乳がうまくいかずミルクで育ててしまったこと、妊娠中に時々電気カーペットでごろごろしてしまったこと など今思っても、どうしようもないのに気になったこともありました。

病気原因をつきとめて治療方法を開拓してくださる医師を応援して、わたしたち母親は今心配してもしかたがないことを割り切って、子どもの健康管理をできる限り(思春期難しいけど(^^;)気をつけて毎日を明るく過ごして治癒に向かっていく。そういうことなんだなぁと改めて思いました。いつもだいじなことに気づかせてくれて、ありがとう!!

あっきさんへ

いえいえ、ありがとうだなんて・・・ 恐縮です。

私も、出産直前の産道のレントゲンやら、やっと生まれても泣かずに保育器へ直行したため免疫たっぷりの初乳を飲ませてあげられず・・・などなど、悔いるときりがないです。
もっともっとつまらない事も、いっぱいいっぱい考えてはへこみ、考えてはへこみ・・・。(つまらないといっても、本人いたって本気ですが)

きっと、病気になってしまった子の親が必ず通る道なのでしょう。
先輩お母さん達はどうやってここをクリアしていかれたんでしょうね・・・。


あっきさんのおっしゃる通り、今できることは、「子どものために、明るく、前を見る!」しかないですね。
笑うと免疫力アップ!だそうですし。 (^o^)
Secre

     
プロフィール

bokuranoasita

Author:bokuranoasita
保育の専門学校生の娘(20歳)の母親です。
同病の方の参考になれば。 
初発→プロトコールAML05  
   (中リスク)
再発→プロトコールAML05    
   を3回まで
   &造血幹細胞移植

最新記事
最新コメント
クリック募金
クリックで救える命がある。
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お世話になりました
白血病関連サイト検索
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。